グループホームあいら
Top  Back


          more photo
concept(1.3MB)
 敷地は鹿児島県大隈半島の中央台地部に位置する。
 周辺には、神武天皇東征の地として知られる吾平山上陵があり、自然の森林と農村地域が広がっている。
 建物は、痴呆性老人グループホーム、2ユニットで高齢者18名とその介助者が生活している。

 高齢者の集住施設を中心に、周辺地域の子供たちや住民たちが気軽に集うことで、世代間ノーマライゼーションを実践し地域福祉に貢献する。
 また、環境対策(CO
2削減)にも配慮し、太陽光、太陽熱、風力などの自然エネルギーを利用している。
 構造及び仕上げは、地元産の木材とし、高齢者にやさしい住環境を実現している。

1.建物名 グループホームあいら
2.所在地 鹿児島県肝属郡吾平(あいら)町
3.用途 痴呆性老人グループホーム(2ユニット)
4.竣工年 2003年5月
5.主要構造 木造
6.階数 地上1階建
7.建築面積 573㎡
8.延床面積 573㎡
9.業務内容 基本設計、実施設計、設計監理
10.その他 介護事業所開設許可、太陽光ハイブリッド発電等助成(NEDO)